BLOG

防犯対策が必要な季節になりました  茨城FLOWIZMより

2021/05/31
防犯対策

【防犯対策が必要な季節になりました】

季節は夏に向けて気温も高くなってきております。

窓を開ける事も多くなってきていると思います。


気を付けなければいけないのが戸締りを忘

れてしまうことによる空き巣等の被害です

統計によると6~8月が空き巣被害が最も

多くなるという事です。


理由は窓や扉などを開けたまま外出してし

まう事で侵入されてしまいます。

この時期は特に注意が必要です。

外出する時はたとえ少しの時間でも確実に

施錠が必要です。

ガラスサッシに鍵とサブロック、補助錠が

ついていれば使用するのも効果的です。


■侵入者の手口


ガラスのカギの部分を外から破壊して手を

入れて外から鍵を開けて侵入する。


■対策はどうしたらよいか


補助錠、サブロックなどがあれば施錠して

おくのが有効です。

外から鍵を開けてもダブル、トリプルの施

錠がしてあれば侵入を防いだり時間をかけ

させて侵入を諦めさせることが期待できま

す。


※侵入に5分以上かかる場合にはあきらめ

るケースがほとんどです。


防犯フィルムでの対策


サブロックは鍵の部分についているので

ガラスを破壊された際に手を入れて解除

されてしまう事も考えられます。

補助錠もガラスを破壊すれば外から手を

入れて解除されてしまいます。


防犯フィルムが施工してあれば厚みのある

フィルムなので貫通することは容易ではあ

りません。時間をかけさせて侵入を防ぐ防

犯対策です。


最近は防犯フィルムのお問合せや施工も増

えてきています。ただどんなに防犯フィル

ムで対策をしても無施錠では意味がありま

せん。


まずは徹底して施錠をしてください。

それでも心配でしたら防犯フィルムをご検討ください。


防犯カメラも防犯効果はあると思います

が、侵入されては金品や大切なものを奪

われたり、生命の危機に脅かさせてしま

います。

 

どんなことがあっても侵入を防ぐ事が先決です。

 

まずは侵入を防ぐという防犯対策をおすすめします!