BLOG

地震災害対策は茨城のFLOWIZMまで

2022/03/18
飛散防止フィルム

地震災害対策は茨城のFLOWIZMに

ご相談ください。


先日最大震度6強の地震が発生しました。

被害にあわれた方々には心よりお見舞い申

し上げます。


私も11年前に東日本大震災を経験致しました。


11年前茨城県で被災しました。被災時は

屋外にいましたが、最初長い地震が続くな

と思っていたら4~5段階くらいにどんど

ん強くなっていき、地に足をつけているの

に降りることのできない乗り物に乗ってい

るような感じがしてどうしようもなく、最

後は意味もなくジャンプしておりました。

それくらい揺れていたのだと思います。

震度としては6弱だったと記憶しています

 

遠くの家屋の屋根瓦はバサバサと落下して

いるのを目の当たりにし、大災害と認識し

ました。

 

その後車で当時勤務していた会社へ戻る途

中にコンビニで食料や水を買い込みました

周りが停電で買い物もできなくなると思っ

たからです。

 

信号も消えて大きな道路の交差点では通行

が容易ではありませんでした。

 

その後も余震で緊急地震速報が鳴るたびに

怯えてそれは昼夜あったかと思います。

 

両手に袋いっぱいにした買い物は当時勤務

していた会社の人たちに渡しました。

 

自分の家には備蓄があったのでその点は困

ることはありませんでした。

食器や物が散乱していましたが家族は無事

でした。

 

井戸のあるお宅から水を頂き持って帰りま

した。断水していたのでトイレのタンクに

入れて使用しました。

 

ガソリンもスタンドが営業しておらず、営

業する際には告知され、前日の夜に並び車

中泊で給油しました。

 

不便でしたが被害が甚大だった方々に比べ

たら被害はないに等しい状況でした。

 


先日の地震の数日前に地震対策で飛散防止フィルムを施工させて頂きました


地震対策で透明飛散防止フィルムを施工さ

せていただきました。

非常にタイムリーでしたので驚きました。

1人暮らしのご高齢の女性の方でリビング

の大きいガラスが地震で割れしまうのが物

凄く心配という事で施工させていただきま

した。

 

同時に紫外線で室内の日焼けが気になると

の事でしたのでUVチェッカーで数値をご

確認いただきUVカットの効果をご確認い

ただきました。

 


 

その際にも凄く喜んでいただきましたが、

地震の翌日に心配になってお電話したと

ころお怪我も被害もなかったとの事で安

心しました。

 

何より飛散防止フィルムが貼ってあった

ので室内での安心感が全く違ったと喜ん

でいただきました。

 

仕事をしていてあんなに喜ばれる事はあるのだろうか?

 


この仕事をしていて本当によかったと思いました


 

ご依頼頂く前にガラス屋さん2件、ホーム

センター1件ガラスフィルムの相談をした

そうですが、いずれも断られたそうです。

 


ガラスフィルムはもっと当たり前になる世

の中にならなければいけないと思います。


 

テレビで地震や車でガラスが割れて飛散防

止フィルムの対策がされていない状態をみ

るとまだまだ頑張らないといけないと思い

ます。

 

車のエアバッグ同様ガラスには飛散防止フ

ィルムや機能性フィルムが貼ってあるもの

となる様、ガラスのケガをした経験がある

自分だからこそ微力ながら普及させていき

たいと切に思います。


窓ガラスフィルム施工 茨城県他北関東地

域でご対応させていただいている業者です

FLOWIZM フローイズム

国家1級ガラスフィルム施工技能士資格所有